管理費を支払わない場合の法的手段

法律

管理費を支払わない場合、郵便や口頭での支払いの督促などを行いますすが、それでも支払わない場合は、以下のように法的な手段に訴えることになります。

民事訴訟

民事訴訟は、民事裁判の判決によって解決を図る方法です。裁判官が法廷で双方の言い分を聴き、証拠を審理し判決を出します。判決により紛争解決を図ります。

管理費未払いの場合、判決を基に口座などを差し押さえ、未払いの債務を徴収することになります。

少額訴訟

60万円以下の金銭の支払いを求める場合に利用できる簡易的な訴訟で、1回の審理で判決が言い渡されます。

少額訴訟判決に対する不服申立ては、異議申立てに限られ、控訴はできません。

調停(民事調停)

裁判所で話し合いを行うことによつて、解決を図る手続です。 裁判所の調停委員会のあっせんにより、話し合いによる解決を図るものです。民事訴訟のように法廷で争うものではないため、債権者・債務者双方、歩み寄りやすい環境が提供されるといえます。

調停で合意された内容は確定判決同様の効力を生じます。

支払督促

以前は支払い命令と言っていましたが、書類審査のみで審理を行います。 申立人(債権者)の申立てにより、裁判所書記官が内容を審査し、相手方(債務者)の言い分を聞かないで、裁判所書記官の権限で金銭の支払いを命じる「支払督促」を発付します。
相手方からの異議の申立てがなければ、確定判決同様の法的効力が生じます。

※意義があれば、本訴訟に移行します。 債務者が異議を申し立てると,請求額に応じ,地方裁判所又は簡易裁判所の訴訟手続きに移行するわけです。

コメント