2020-02

スポンサーリンク
法律

マンションの法令|区分所有法とその他関連法令

分譲マンション=区分所有建物については、長らく、 昭和37年以降 、区分所有法のみが管轄法令として機能していましたが(補完的に民法)、平成半ばになり、区分所有法を補完する法律が相次いで施行され、現在は3つの法律が区分所有マンションの関係法...
法律

支払督促|意外と簡単な割に有効な管理費回収手段

支払い督促は、昔は支払い命令と言っていましたが、書類審査のみで裁判所で審理を行い、裁判所書記官から発布される法律上の手続きで、簡易・迅速に「債務名義」を獲得することが可能です。
法律

59条競売の活用|管理費滞納の回収の最終手段

内容証明郵便での督促や支払督促、訴訟などで滞納管理費が回収できない場合は、当該滞納管理費回収のために、区分所有建物所有者の専用部分を強制的に競売にかけることが可能であることが、区分所有法第59に規定されています。
マンション管理

少額訴訟|管理費滞納がある程度膨らんでしまった場合の対応策

管理費滞納額が膨らみ、数十万円単位になった場合、内容証明等で督促したとしても、支払われない場合が多いと思います。支払わないというよりも、滞納額が高額になり支払えないといった方がよいかもしれませんが、滞納額が60万円以下であれば「少額訴訟」...
法律

管理費を支払わない場合の法的手段

管理費を支払わない場合、郵便や口頭での支払いの督促などを行いますすが、それでも支払わない場合は、以下のように法的な手段に訴えることになります。 民事訴訟 民事訴訟は、民事裁判の判決によって解決を図る方法です。裁判官が法廷で双方...
マンション管理

東京都マンション管理状況届出を2020.4.1に開始|条例制定により、古いマンションの定期報告が義務化!

東京都は、昭和58年以前に建築された区分所有マンションを対象に「マンション管理状況届出」を2020.4.1に開始されます。 条例の報告義務と対象マンション 東京都は、東京市内の昭和58年12月31日以前に新築されたマンションの...
マンション管理

管理費滞納の請求❷:督促しても支払わない場合の手段は?マンション管理業者の責務はどこまで?

債権・債務の前提条件 まず、区分所有法と管理規約に基づき、管理費等の支払い義務があるのは、 ❶単独所有か共有かを問わず個別住戸の所有者(区分所有者)であること。 ❷管理費等の債権は管理組合にある そして、管理費等の...
マンション管理

管理費滞納請求に関するマンション管理会社(マンション管理業者)の責務と対応方法

管理費滞納の場合、マンション管理会社(マンション管理業者のことを言いますが、本頁では「マンション管理会社」に表現を統一します。)が代行して請求することが可能ですが、これは以下のように理由によります。区分所有マンションの管理組合で、非常によ...
マンション管理

共有名義になっている部屋への滞納管理費請求

共有名義、つまり区分所有者が1つの部屋につき複数いる場合の滞納管理費の請求についての問題です。
マンション管理

自主管理とは?|自主管理のメリット・デメリット

自主管理とは何か? マンションの管理運営を住民(マンション管理組合)自ら実施する管理方法です。区分所有法やマンション管理適正化法では、自主管理を水仕様しているわけではなく、むしろ、監督官庁の国土交通省は、管理組合に委託するか、アド...
スポンサーリンク